食材王国・温泉・歴史とアイヌ文化伝承の町 北海道白老町

白老観光案内

 

アイヌ民族博物館

HOME >観光スポット >アイヌ民族博物館

アイヌ民族博物館(ポロトコタン)…閉館中…

別名「ポロトコタン」(ポロ=大きい ト=湖 コタン=村)とも呼ばれ、多くの見学者が訪れています。 日本最大のアイヌ民族博物館を有し、アイヌ民族の文化を紹介する施設として知られています。 アイヌ民族の楽器「ムックリ」の演奏やアイヌ民族を代表する古式舞踊「イオマンテリムセ」が常時公開されていました。 特に古式舞踊に関しては、国の重要無形民俗文化財に指定されています。 世界各地の先住民族との交流拠点としても知られ、北海道を代表する施設となっています。 現在、国立アイヌ民族博物館として、2020年4月のオープンに向け、建設工事が行われており、アイヌ民族博物館は閉館しています。
【住所】
白老郡白老町若草町2−3−4
【入館料】
【閉館期間】
2018年4月1日より2020年4月23日(予定)
【ホームページ】
http://www.ainu-museum.or.jp/
ポロトコタン全景

ポロトコタンのみどころ


●アイヌ民族博物館

博物館はチセ(当時の家)をかたどったユニークな建物。内部はアイヌ民族に関する専門の博物館です。衣食住や信仰・生活様式など、アイヌの生活文化を知ることが出来る多くの資料・文化財が展示されています。

また、ここはアイヌ文化の調査研究や世界各地の先住民族との交流の拠点にもなっており、文化交流や資料の展示も行われておりました。

アイヌ民族博物館

●ミュージアムショップ

アイヌ民族博物館

●体験メニュー

アイヌ民族博物館

●アイヌ古式舞踊

アイヌ民族博物館

ページのトップへ